必ず設定しておきたい特約

自動車保険契約で基本となる内容は対人、対物、人身傷害、搭乗者保険です。
車両保険は任意契約となります。

  • 対人保険は、読んで字のごとく被害者の体への賠償です。
  • 対物保険は、被害者の所有物への賠償で、時価額等がかかわってきます。
  • 人身傷害、搭乗者傷害保険はご自身の体に関わってきます。
  • 車両保険はご自身の所有もしくは使用している車の保障です。

対物の特約

対人保険には特段特約はありませんが、対物保険にはいくつかの特約があります。

大半が被害者の車への賠償となりますが、 年式の古い車であれば修理費が時価額を超えてしまう、いわゆる全損となるケースが多いです。 仮に車の評価額が30万円だった場合に修理費が50万円だとすると、 法的な賠償額は30万円が限度となります。
しかし大切な車なので修理して乗りたいという方もいます。 そこで、時価額に対してプラス50万円を限度に対応、つまり上記例でいえば80万円までの修理が対応可能な特約があります。
保険会社によって特約名は異なりますが、対物全損時臨時費用担保特約などといいます。 この特約を出していない保険会社もありますので注意してください

人身傷害、搭乗者傷害保険

人身傷害、搭乗者傷害保険では、入院給付金の特約や、通院給付金特約の日額払いの特約があり、 通常は7日目からの入院費や通院費対応となりますが、特約次第では初日分からも出るものもあります。

日額は3千円、5千円、7千円、1万円など、種類はありますが、 金額が高くなればなるほど当然保険料も上がります。 万が一の保険ですので、特約加入に損はありません

車両保険

任意加入の車両保険でのお勧め特約は、 車両新価特約車両臨時費用特約です。

車両新価特約

車両新価特約は、新車購入し保険新規契約または車両変更届をする際にだけ加入できる特約です。
内容としては、契約後一定期間内に事故などにより車が全損、 もしくは車両新価価格の50%以上の見積額が算出された場合にこの特約が適用され、 保険金が全額支払われます。
ただし、新価価格とは保険契約時に設定した金額ですので、新車の価格ではありませんので注意が必要です。

車両臨時費用特約

車両臨時費用特約は、車両保険価格の金額に応じ、一定の修理金額を越えた場合もしくは全損の場合に、

保険約款に記載のある割合(5~15%程度)を保険金に掛けた金額が臨時費用として支払われます。

例えば、車両保険額100万円で修理費が60万円だった場合、 60万円の5%分、すなわち3万円が別途ご自身に支払われる契約です。 修理費が120万円であれば全損で、100万円の10%分、10万円が別途支払われます。
なかなか美味しい特約ですが、前述の車両新価特約との併用はできません。
つまり、新価特約と車両臨時費用特約はどちらか一方しか適用されないので、 お得な方を選ぶ必要があります。

弁護士費用特約

最後に対物賠償で必要な特約は弁護士費用特約です。

これは過失割合が出る事故で、被害者側と話し合いが決裂した際に、 法の専門家へ法的請求や折衝を委任するものです。 個人で弁護士委任をすると結構費用がかかってしまいますので、 最近ではこの特約が結構重宝されます。 各社とも、たくさんの特約を異なった名称、内容で発売してますので、 詳細は各損保へお尋ね下さい。


このページの先頭へ