理想的な保険スペック

自動車保険に加入するには、やはりそれなりの保険料を支払わなければなりません。
商品としては目に見えないものですので、契約時にしっかりと把握しておく必要があります。

ただ自動車保険に入りたいと言うと、経済的な面から基本となる対人、対物、人身傷害、搭乗者傷害保険で終わるケースが多いです。
しかし自動車の事故で損害を受けるのは、被害者、被害者の所有物、ご自身の体だけではないはずです。 ご自身の車も損害が発生しますので、ぜひ車両保険へのご加入を勧めておきます。

一般車両保険とエコノミーA保険

この車両保険には、基本的に一般車両保険とエコノミーA保険があります。

一般車両保険は、大半の損害事故を保障対象としてますが、エコノミーA保険はかなりの制限があります。
制限とは、自損事故は保険金支払い対象外が一番の制限です。
両方に言えるのは、火山の噴火や地震津波、暴動や戦争、テロ行為等による損害は支払われません。 しかしながら車両同士の事故(バイクは含むが自転車、人は除く)であれば支払い対象です。 つまり被害者への全面賠償時、交差点での過失割合事故時でも、ご自身の車が保障されるという事です。

この車両保険はなかなか高価で、同じ時期に保険契約をした場合、車種によっては保険料がかなり上がります。
仮に一般車両契約で年間10万円だとしたら、エコノミ-A契約ならば約半分の年間保険料で済む場合があります。
また、過失割合事故で被害者側と交渉中であっても、修理は進めて金額確定後に修理工場へ支払い可能ですので、 修理工場に迷惑をかけない上に、ご自身の車は修理されて戻ってくるという事になります。
相手が保険に加入してない場合等でも、車両保険で対応し修理工場へ支払えます。

その際、過失割合分の損害債権回収の権限は保険会社に移りますので、後の事は何も気にする必要はありません。 車両保険は非常に高価ですが、ご自身の車への保障ですので、躊躇せずにご契約される事をお勧めします。

各損害保険会社には、最高グレードのセット契約があります。 セットの中に車両保険が組み込まれている物もありますので、各損保会社へ内容のご確認をして下さい。

他にも各種特約があり、自動付帯の物もあれば、特約一つ当たり数百円程度かかる物もあります。
また、担保年齢によっても保険料が変わってきますので、 年齢、契約年数、所有車両、運転手限定等を追加することで保険料が下がる事も上がる事もあります。

交通事故はいつ、どこで、どんなふうに起こるかは誰にも分かりませ。 そういった不安の中で役に立つのが車両保険です。


このページの先頭へ